Twitterフォローよろしくお願いします!

代謝とエネルギー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

代謝とエネルギーの関係

代謝

生物の体内で行われる様々さまざま[ 用語 ][ ふりがな ] 全体を [ 用語 ][ ふりがな ] という。
異化いか

[ 用語 ][ ふりがな ] な物質を [ 用語 ][ ふりがな ] な物質に [ 用語 ][ ふりがな ] してエネルギーをす反応を [ 用語 ][ ふりがな ] という。
例: [ 用語 ] 、発酵はっこう
同化どうか

[ 用語 ][ ふりがな ] な物質から [ 用語 ][ ふりがな ] な物質を [ 用語 ][ ふりがな ] してエネルギーをたくわえる反応を [ 用語 ][ ふりがな ] という。
例:光合成などの [ 用語 ][ ふりがな ][ 用語 ][ ふりがな ] )、窒素同化ちっそどうか

ATP

代謝たいしゃ過程かていで、エネルギーのやりとりの仲立なかだちを [ 略称 ][ ふりがな ][ 物質名 ][ ふりがな ] )がする。

ATPの構造
① [ 物質名 ] ( [ 分類 ][ ふりがな ]
\(~~~\)+
② [ 物質名 ] ( [ 分類 ][ ふりがな ]
\(~~~\)+
[ 物質名 ][ ふりがな ] 3分子

リン酸どうしの結合けつごう[ 結合名 ][ ふりがな ] といいエネルギーをたくわえている。
ATPが [ 略称 ][ ふりがな ][ 物質名 ][ ふりがな ] )と [ 物質名 ] 1分子に分解されるとき多量たりょうのエネルギーを放出ほうしゅつする。よって、ATPは [ 用語 ][ ふりがな ] と呼ばれる。

代謝と酵素

[ 物質名 ][ ふりがな ]代謝たいしゃによる化学反応を促進そくしんする働きがある。酵素自体こうそじたいは反応の前後で [ 用語 ] 。このような物質を [ 用語 ][ ふりがな ] といい、細胞内さいぼうないでのみ合成ごうせいされたタンパク質からなる [ 用語 ][ ふりがな ]酵素こうそという。
細胞内さいぼうない酵素こうそ
酵素こうそのはたらきによって、 [ 用語 ][ ふりがな ][ 用語 ][ ふりがな ] などに存在そんざいする。
かく→ [ 用語 ] に関する酵素こうそ
ミトコンドリア→ [ 用語 ] に関する酵素こうそ
細胞質基質さいぼうしつきしつ→ [ 用語 ] や [ 用語 ] に関する酵素こうそ
葉緑体ようりょくたい→ [ 用語 ] に関する酵素こうそ
細胞外さいぼうがいにはたらく酵素こうそ
細胞内さいぼうないで合成され細胞外さいぼうがい[ 用語 ][ ふりがな ] されてはたらく酵素こうそ存在そんざいする。
① [ 酵素 ]
[ 物質名 ] をマルトースに分解する。唾液だえきふくまれる。
② [ 酵素 ]
[ 物質名 ] を分解する。胃液いえきふくまれる。
③ [ 酵素 ]
[ 物質名 ] を分解する。すい液にふくまれる。
④ [ 酵素 ]
[ 物質名 ][ ふりがな ] を酸素に分解する。肝臓かんぞうふくまれる。
[ 物質名 ][ ふりがな ] は同じ作用さようをもつ触媒しょくばい



光合成と呼吸のはたらき

光合成

炭酸同化たんさんどうか炭素同化たんそどうか

[ 物質名 ] をみ、炭水化物たんすいかぶつなどの [ 物質名 ][ ふりがな ] をつくるはたらきを [ 用語 ][ ふりがな ][ 別名 ][ ふりがな ] )という。
[ エネルギー ] を利用する炭酸同化たんさんどうかを [ 用語 ] という。この光エネルギーが [ エネルギー ] に変換へんかんされる。
葉緑体ようりょくたい

光合成は [ 細胞小器官 ] でおこなわれる。葉緑体には光エネルギーを吸収きゅうしゅうする [ 物質名 ] (光合成色素こうごうせいしきそ)や光合成にかんする [ 用語 ] をふくむ。また、独自どくじの [ 略称 ] をもち [ 用語 ][ ふりがな ] する。
光合成の反応

吸収きゅうしゅうした光エネルギーを利用して [ 略称 ] と [ 物質名 ] から [ 略称 ] が合成される。
このATPのエネルギーを用いて [ 物質名 ][ ふりがな ] をつくる。
[ 物質名 ] + [ 物質名 ]
\(~~~\)↓←光エネルギー
[ 物質名 ][ ふりがな ] + [ 物質名 ]

呼吸

呼吸

[ 物質名 ] を用いて [ 物質名 ][ ふりがな ] を分解してエネルギーをるはたらきを [ 用語 ] という。呼吸でられたエネルギーは [ 略称 ] にたくわえられ生命活動せいめいかつどうに利用される。
ミトコンドリア

[ 用語 ] は呼吸のであり、呼吸にかんする [ 物質名 ] をふくむ。また、独自どくじの [ 略称 ] をもち [ 用語 ][ ふりがな ] する。
呼吸の反応

有機物ゆうきぶつが酸素と [ 用語 ] して二酸化炭素と水に分解される。このとき生じるエネルギーで [ 略称 ] がつくられる。
[ 物質名 ][ ふりがな ] + [ 物質名 ]
\(~~~\)↓→ [ 略称 ] (エネルギー)
[ 物質名 ] + [ 物質名 ]

葉緑体とミトコンドリアの由来

好気性細菌こうきせいさいきん

原核生物げんかくせいぶつ[ 生物 ][ ふりがな ]原始的げんしてき真核細胞しんかくさいぼうまれて [ 用語 ][ ふりがな ] することで [ 細胞小器官 ] になったと考えられている。
シアノバクテリア

原核生物げんかくせいぶつの [ 生物 ] が原始的げんしてき真核細胞しんかくさいぼうまれて [ 用語 ][ ふりがな ] することで [ 細胞小器官 ] になったと考えられている。
細胞内共生さいぼうないきょうせい

このように細胞内さいぼうないに他の生物がまれて共生きょうせいすることを [ 用語 ][ ふりがな ] といい、好気性細菌こうきせいさいきんやシアノバクテリアが細胞小器官さいぼうしょうきかん起源きげんである考え方を [ 用語 ][ ふりがな ] という。
これより、ミトコンドリアや葉緑体が独自どくじの [ 略称 ] をもち [ 用語 ][ ふりがな ] する根拠こんきょとなる。
スポンサーリンク
生物基礎
スポンサーリンク
耳たこ高校生物暗記帳