Twitterフォローよろしくお願いします!

生物の多様性と共通性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

生物の多様性と共通性

多様性と共通性

生物の多様性たようせい

生物は環境にてきした形態けいたいや機能をもち、種類や形、性質が様々さまざまであることを生物の [ ◯◯性 ][ ふりがな ] という。
生物の共通性きょうつうせい

生物には共通した特徴とくちょうをもち、これを生物の [ ◯◯性 ][ ふりがな ] という。
すべての生物は [ 用語 ] とよばれる基本単位きほんたんい構成こうせいされている。形や働きが違う細胞でも、細胞の最外層さいがいそうには [ 用語 ][ ふりがな ] がある
細胞の中に遺伝情報いでんじょうほうをもつ [ 略称 ][ ふりがな ][ 物質名 ][ ふりがな ] )をもっている。このDNAの情報より [ 物質 ] がつくられる。
[ 用語 ][ ふりがな ] を行い増殖ぞうしょくする。 [ 用語 ][ ふりがな ] でDNAが複製ふくせいされて新しい細胞にがれる。また、らん精子せいし[ 用語 ][ ふりがな ] によってDNAは親から子へがれる。
生物が生きるためにエネルギーが必要であり、そのしに [ 略称 ][ ふりがな ][ 物質名 ][ ふりがな ] )がかかわっている。また、このエネルギーの調達ちょうたつ[ 用語 ][ ふりがな ] によってられる。代謝たいしゃには [ 用語 ] や [ 用語 ] がある。
生物は外部環境がいぶかんきょうが変化しても体内環境たいないかんきょう一定いっていたもつしくみの [ ◯◯性 ][ ふりがな ] をもつ。



生物の分類と系統

生物の分類

生物の分類の基本単位きほんたんい[ 用語 ][ ふりがな ] といい、共通の特徴とくちょうがあり同種内どうしゅない[ 用語 ][ ふりがな ] 能力をもつ子孫しそんを残すことができる。
その他の分類は、
\(~~~\)しゅぞくもくこうもんかい
となっている。
系統けいとう系統樹けいとうじゅ

生物の形や性質が、世代せだいかさねてがれていくときに変化することを [ 用語 ][ ふりがな ] という。
生物にはしゅをこえた共通の特徴とくちょうがあり、これは共通の [ 用語 ][ ふりがな ] から進化しんかしてきたからである。
進化しんかにもとづく生物の類縁関係るいえんかんけい[ 用語 ][ ふりがな ] といい、この系統けいとうを図にしたのを [ 用語 ][ ふりがな ] という。
脊椎せきつい動物の系統樹けいとうじゅ

系統樹
これらの生物は [ 用語 ][ ふりがな ] をもつ祖先生物そせんせいぶつから進化しんかしている。また、哺乳類ほにゅうるい鳥類ちょうるいは虫類はちゅうるい[ 用語 ][ ふりがな ] を行う共通の祖先生物そせんせいぶつから進化しんかしているので、肺呼吸はいこきゅうをする [ ◯◯性 ][ ふりがな ] をもつ。
系統樹けいとうじゅでの共通の祖先生物そせんせいぶつまでの距離きょりが近い生物同士が近い分類となる。例えば、両生類りょうせいるいは「脊椎せきついをもつ祖先生物そせんせいぶつ」で共通性がある魚類ぎょるいよりも「四肢ししをもつ祖先生物そせんせいぶつ」で共通性がある哺乳類ほにゅうるいの方が近い分類となる。
スポンサーリンク
生物基礎
スポンサーリンク
耳たこ高校生物暗記帳